任意整理と車,クレジットカードの継続利用

 任意整理の最大のメリットは,対象債権者を自由に選択できるという点です。たとえば,残債が残っているが事業でどうしても必要な車のローンだけは任意整理の対象から外すことにより,車を維持しながら事業を継続して,他の債務については任意整理をするといった手法をとることが可能になります。

同様に,ETCカードを残しておきたいという理由で,特定の信販会社のみを任意整理の対象から外すということも可能です。その場合,支払いを続けている限りは,通常そのままカードが使用できます。もっとも,クレジットカードの会員規約には,会員の信用情報が悪化した場合にカードの利用を停止する旨の条項やカードの契約更新の際に信販会社側に更新するかどうかを自由に選択できるとする条項があるのが通常です。

 

したがって,契約更新の際に信販会社が個人信用情報を照会してしまうと,契約更新が拒絶される可能性があるため注意が必要です。