脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)について

 交通事故を原因として脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)が発症することがあります。症状としては,座ったり立ったりすることによる頭痛,首の痛み,めまい,耳鳴り,視機能障害,倦怠感,疲労感等が挙げられます。
 日常生活に支障をきたすつらい症状なのですが,診断基準が確立していない等の理由から,少なくとも任意交渉段階で保険会社が脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)を認めることはないでしょう。争っていく場合,訴訟が必要になりますし,訴訟でも肯定例,否定例が分かれています。

 

脳脊髄液減少症の検査が可能な病院一覧 (愛知)