自賠責がついておらず任意保険のみがついている場合

 まれに,任意保険のみがついており,自賠責保険がついていない(期限切れ)状態で,事故を起こしてしまう場合があります。このような場合,任意保険からは,自賠責保険の保険金額を超過した分のみしか支払われませんので注意が必要です。例えば,傷害事案で損害金額が200万円のケースですと,自賠責保険の保険金額120万円を超過した分である80万円についてのみ任意保険会社から支払われることになります。

 

保険約款例

第 条(保険金を支払う場合-対人賠償)

(1)当会社は、対人事故により、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して、この賠償責任条項および基本条項に従い、保険金を支払います。

(2)当会社は、1回の対人事故による(1)の損害の額が自賠責保険等によって支払われる金額(注)を超過する場合に限り、その超過額に対してのみ保険金を支払います。

(注) 被保険自動車に自賠責保険等の契約が締結されていない場合は、自賠責保険等によって支払われる金額に相当する金額をいいます。